高校入試の勝負は一学期に決まってしまう?

一学期に決まる内申点の動き

各中学校で1・2年生は学年末テストが終わり、あとは春休みへと気持ちが軽くなっている頃ではないでしょうか。
しかし、特に4月から受験生となる新中学3年生は、ここが勝負の分かれ目になります!

公立高校の入試では、三学期の学年末での通知表の数字が持ち点として利用されます。
そのため、特に部活動で頑張っているお子様の中には、
「部活の大会が終わった夏から本気出す!」
という生徒が少なくありません。

しかし、そこに大きな落とし穴があります。

各学年の三学期の終わりにもらう通知表の数字は、三学期だけの数字ではありません。
その学年を通しての一年間の数字です。
そのため、二学期から頑張って、三学期もそれなりに点数が取れて安心していた生徒が、あまり頑張らなかった一学期の数字に引っ張られて内申点を落とすという事が毎年起こります。

例えば、一学期に少しサボって内申点に2が付いてしまった生徒は、二学期に内申点3が取れたとしても、三学期の学年末テストでギリギリ内申点3の範囲に入ったぐらいですと、年間を通しての内申点は2に戻ってしまうという事があります。
232

或は内申基準4が必要な学校を目指そうとしている所で、一学期の成績が3ですと、難しくなる二学期で5をとっておかないと学年末で4のキープは難しくなります。
343

そのぐらいの時期になって、
「一学期にもっと頑張っておけばよかった…。」とため息をつく生徒が必ず出てきます。

特に来年は愛知県の公立高校入試は、新しい制度での入試となります。
各教科への配点も増え、難しくなると予想されます。
そういう状況の中で、一学期に高い内申を出しておけば、二学期に多少下がっても学年末で戻しやすくなります。
545!

一学期から受験の勝負は始まっています!
1・2年の内容をしっかり復習して、新しい学年でスタートダッシュできるようにしましょう!

SSS進学教室 栄生教室では、新しい学年で勝負する生徒の皆さんを応援しています。
ぜひ、当教室の春期講習で一緒に学習して行きましょう!

お問い合わせ・無料体験学習のお申込みはこちら

SSS進学教室 栄生教室
 名古屋市中村区佐古前町2-46
 TEL:052-485-4488
 [ お電話での受付時間:平日14:00~22:00 ]
 [ お問い合わせフォームは24時間受付ております ]